多くのメリットと、避けられないデメリット

任意売却には大きなメリットがある

任意売却のメリットとして最も大きな点として知られているのが、「自分の意思で売却できる」「市場相場と近い価格で売却できる」ところにあります。特に「市場相場と近い価格で売却できる」点については、任意売却が通常の不動産の取引と同じシステムになっているためであり、競売による強制的な売却ではないためだと考えられています。
また一般の不動産売却と同じ取り扱いになるので周囲に知られないように売却できますが、一般の不動産売却にかかってくる登記料や測量費用、仲介手数料がないので持ち出し金がないところも魅力的です。
ほかにも連帯保証人に迷惑を掛けないように配慮できるところや住み続けられる可能性があるところなど、数多くのメリットがあるところがもうひとつのメリットだと言えます。

少ないデメリットはリスクが大きい点も

まず任意売却をするための条件として「ローン返済が滞納している点」があり、債権者からの支払い督促への対応面での不安やリスクを抱えなければ手続きが出来ません。
しかもローン返済を滞納した結果の売却となるので、俗に言う「ブラックリストに載ってしまう」ところは最大のデメリットになっています。信用情報に傷がついてしまうと最低でも5年から7年はローンを組めなくなってしまうので、その点を理解しておかないと思わぬトラブルになってしまう可能性もあります。
ほかにも任意売却をするためには債権者の同意が必要になりますし、場合によっては連帯保証人に迷惑を掛けてしまう可能性もあります。これらのデメリットはいずれも避けられないものとなっているので、注意が必要です。